« 卒業式 | トップページ | 入学式 »

卒業式-[続]

CIMG0206小学校6年間は本当に色々な事がありました。
理解されないgoriの障害、切り替えがうまくいかず、指示に従えず、人とうまく付き合えず、集団行動がとれず、自分の思いどうりにならないとパニックおこしました。私自身もどうして良いか解らず、もうだめだ・・・。私には育てられない。そう思った事は何度もありました。泣いたり怒ったり・・・。
でも毎日変わらずめぐってくる月日は、私とgoriの距離を縮めてくれました。
私は親でいる事からは逃げられないし、goriの障害は直らない。ならばこの現実を受け入れるしかない。
そんな覚悟を決めてgoriと向き合うようになったのでした。
私はgoriを理解するためだけにこの12年間を生きたような気がします。
自分が変わると相手も代わるものです。
環境を整える事も、物事を整理する事も、自閉症を理解する事も当然必要です。
けれど、自分の前にいるその子をかわいいと思う気持ち。受け入れるココロが子供を変えるのだと思います。
色んな思いを胸に、ドキドキの卒業式。ちゃんとできるかしら・・・?途中で切れてしまわないだろうか?
立派でした。泣けました。入場してきた姿、舞台で卒業証書を受け取る姿、別れの言葉をいう姿、感動ものでした。
卒業式で歌われた、森山直太郎の「さくら」の歌には、涙が止まらなくなってしまいました。
成長と共に情緒も安定して、自己コントロールが出来るようになってきたのですね。家に帰ってからは、よっぽど緊張して疲れたのか、4時間も眠り続けました。お疲れ様&ありがとう。

« 卒業式 | トップページ | 入学式 »

息子[gori]の日々」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式-[続]:

« 卒業式 | トップページ | 入学式 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ