« 自閉症little goriのHP | トップページ | 春の遠足「八菅山」 »

養護学校入学式から1ヶ月おしゃべりになる

櫻が咲く数日前、4月5日の入学式からちょうど一ヶ月がたちました。
もう1ヶ月?まだ1ヶ月?ん~ 両方の感じています。

小学校から環境が親子共に激変したので、その生活に慣れるのに大変疲れましたが、子の方は最初は緊張していたものの、私の想像よりも早く慣れたようで、早々に顔つきが変わり明るく元気になっていったのです。

何よりも感じた変化はとてもおしゃべりになった事です。元々はおしゃべり好きな子どもでしたが、小学校5、6年の時はあまりしゃべらなくなり、表情が冴えませんでした。そういう年頃かな?とも思いましたが、強迫症状&チック症状で環境に不適応をおこしている。と病院で言われ、その時にこんな話をされました。「養護学校に行けばまた話すようになるよ」大当たりでした。その通り、つかえていた物がとれたかの様に話し始めました。

その内容は以前とは違い、随分色々なことを感じていたんだなあ。と考えさせられる言葉もしばしばです。
その言葉の中には間違った認識のものもあり、そりゃ違うよ。って教えてあげなければならない事もあります。
でも、話してくれるから間違って(健常者が共通理解している社会の決まりと違うと言う事)理解して、変な行動をとっている事がわかるので、これは本当に良い変化でした。

毎日の着替え、給食の時に必ずエプロンをつける、体力づくり、作業など苦手な事も多いし、体力的にちょっとキツイかな?と心配していたのですがとりあえず、進路はこれでよかったのかなぁ。と思っています。
今のところは・・・・

« 自閉症little goriのHP | トップページ | 春の遠足「八菅山」 »

発達障害」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 養護学校入学式から1ヶ月おしゃべりになる:

« 自閉症little goriのHP | トップページ | 春の遠足「八菅山」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ